お気軽にお問い合わせください。

ありがたいお礼を頂きました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
龍谷大学文学部仏教学科卒業。本願寺派布教使。 広島県福山市にある浄土真宗本願寺派明石山崇興寺の十三世住職。二十七歳で結婚し現在2児の父。崇興寺が地域に愛されるお寺となれるよう日々精進しています。趣味はバンド活動と一眼カメラ。バンドではギターコーラスを担当。一眼カメラで撮った写真をInstagramにアップしてます。

 

先日崇興寺から14名で少年連盟主催の鞆の浦のウォークラリーに参加した記事を更新したのですが、その際にとっても有難い出来事がありました。

ウォークラリーが終わってみんな帰って崇興寺の駐車場で解散したのですが、そこに迎えに来ていた土曜学校を卒業した6年生の親御さんたちが、連名で「崇興寺さんにお世話になったので…」ということでお礼の品をお供えしてくださったのです!

 

そんなことは過去にはなかったので、すごくうれしかったです!

 

土曜学校って正直体力的にも凄くしんどいし、色々気を使うし、続けていくのは結構大変な行事です。単発なら簡単なんですけどね~。

でもこんな風に思ってくださる親御さんが居て下さったんだと思うとほんとやっててよかったなぁって思います。

 

お寺が100円で子ども預かってくれるならありがたいって感じで親が子どもを預けて帰ることはよくあることで、それはそれでお寺として役に立てるなら良いことだと思っているのですが、私はやっぱり多くの人に仏様を大切にしてほしいなという想いがあって土曜学校をやっています。土曜学校に来ている子どもたちにはいつも仏様のこと、仏様に手を合わせることの大切さを伝えています。やっぱり土曜学校はお寺の学校ですから、子どもたちまた親御さんにも少しずつでも仏様の教えが伝わっていけばいいなと思っています。

だからこんな風に仏様へお供えしてくださるとすごくうれしいですね!

 

仏様も喜んでおられるに違いない!わかんないけど(笑)

 

嬉しかった記念に玄関で自撮りしちゃいました。どんな顔しとるんなって感じですが、これからも仏様も私も一緒に愛でて下されば幸いです。

 

あと、「お礼」のとこが「お供え」「御仏前」だったら最高でしたね!(笑)

 

※お寺へお供え・お布施するときには「右上に熨斗がない赤白」が一番いいですよ~♪

↓↓↓↓

また詳しく書きますね(^^)/

この記事を書いている人 - WRITER -
龍谷大学文学部仏教学科卒業。本願寺派布教使。 広島県福山市にある浄土真宗本願寺派明石山崇興寺の十三世住職。二十七歳で結婚し現在2児の父。崇興寺が地域に愛されるお寺となれるよう日々精進しています。趣味はバンド活動と一眼カメラ。バンドではギターコーラスを担当。一眼カメラで撮った写真をInstagramにアップしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 広島県福山市のお寺 崇興寺 , 2019 All Rights Reserved.

Top