お気軽にお問い合わせください。

お寺にお猿さんが参ってきた?!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
龍谷大学文学部仏教学科卒業。本願寺派布教使。 広島県福山市にある浄土真宗本願寺派明石山崇興寺の十三世住職。二十七歳で結婚し現在2児の父。崇興寺が地域に愛されるお寺となれるよう日々精進しています。趣味はバンド活動と一眼カメラ。バンドではギターコーラスを担当。一眼カメラで撮った写真をInstagramにアップしてます。

一昨日の12月6日のことです

なんとお寺にお猿さんが参ってきました!

崇興寺のある東川口町は山からはそれなりに離れている場所で、お猿さんが目撃されることはほぼほぼ無い場所です。

私も記憶にないです…

 

 

昼の12時頃、本堂に設置してるセンサーが反応しました。

崇興寺では基本的に日中はお堂を開放してますので、朝から夕方まで本堂は参り放題なんですね。で、一応防犯の意味でもセンサーをつけてます。で、そのセンサーが鳴ったんで、誰か参ってきたのかなって思って防犯カメラの映像をみたら、何か毛深い物体が…‥お、お猿さんが参ってるじゃありませんか!ほんと驚きました。最初デカイ猫かと思いましたよw

 

外は雨が降っていたんで、本堂の縁で小一時間ほど雨宿りして去っていったようです。センサーが反応したのは去っていく直前で、後で防犯カメラの録画を見返してみたら結構長いこといたようです。

 

とっても可愛かったんですが、やっぱり小さい子がいると不安だったので、見つけてすぐに警察に通報しました。

 

警察官はすぐ来てくれたのですが、その時にはすでにいなくなった後で…警察官いわく通報が相次いでいるとのことで行政と協力して捜索中とのことでした。

 

それからすぐに中国新聞の記者さんから電話がかかってきて、「猿がでたようで…お寺のカメラに写ってないですかー?」って。近くのカメラありそうなとこに電話かけしてたんですね。さすがの行動力ですね。凄いなって思いました。

 

「写ってますよ~どうぞ、映像提供しますよ~」っと、対応しました。

 

 

で、昨日の中国新聞の紙面に載りました。

今日お参りにいった先で「あ、猿のお寺さんがきた!」と笑われてしましましたw

やっぱ地元では中国新聞は相当読まれてますね。すんごい拡散力!

中国新聞Web板には動画も載ってました。

 

 

お猿さん、まだ捕まってないみたいなので、少し心配です。

人にもお猿さんにも被害なく、済んでくれたらいいなと思います。

もし遭遇したら‥‥猿の耳にも念仏!!

…じゃなくて、目を合わせたら襲ってくる可能性があるらしいので、目線を外してその場から離れて通報しましょうね(笑)

 

最後に早送りしたお猿さんを載せておきます(*'ω'*)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
龍谷大学文学部仏教学科卒業。本願寺派布教使。 広島県福山市にある浄土真宗本願寺派明石山崇興寺の十三世住職。二十七歳で結婚し現在2児の父。崇興寺が地域に愛されるお寺となれるよう日々精進しています。趣味はバンド活動と一眼カメラ。バンドではギターコーラスを担当。一眼カメラで撮った写真をInstagramにアップしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 広島県福山市のお寺 崇興寺 , 2018 All Rights Reserved.

Top